兵庫・徳島「鳴門の渦潮」世界遺産登録推進協議会では、「鳴門の渦潮」の世界遺産登録に向け、学術調査や普及啓発活動など様々な取組みを実施しています。
 この度、鳴門市教育委員会の御協力をいただき、鳴門海峡の恵みによって発展し、地域の経済を支えた「撫養塩田」の中心地である鳴門市高島に今も残る重要文化財「福永家住宅」の一般公開と、「塩づくり」の現場を体験していただくワークショップを開催することとなりましたので御案内いたします。

 

 

(1)日 時 
平成29年7月2日(日)
午前9時30分~午後3時


(2)会 場

福永家住宅・塩田公園
(鳴門市鳴門町高島字浜中150)


(3)内 容

ワークショップチラシ


(4)参 加
参加無料・申込不要
どなたでも自由にご参加いただけます。

 

 

※福永家住宅
撫養塩田の中心地である塩業の島、鳴門市高島に残る塩業家の屋敷。
1828年(文政11)に建てられた主屋をはじめ、離れ座敷、かん水溜、土蔵、釜屋、大煙突などが入浜塩田と共に残る全国唯一の建築物として、当時の塩田の生活を今に伝える。
国指定重要文化財。